【レビュー】Surfshark の VPN サービスを使ってみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、ふじみやです。

皆さんは「通信のセキュリティを高めたい」ですとか「IPアドレスを固定化したい」といったことを思われたりしませんでしょうか?

私は、最近仮想サーバーにリモートデスクトップ接続をする機会が多く、サーバー側でアクセス可能なIPアドレスを制限したい、けどIPアドレスは定期的に変わってしまうので制限の仕方が難しい、と思っていたところに今回レビューする【SurfShark】というサービスを見つけたので利用をしています。

あまりVPN接続を利用している人はいないかもしれないですが、使ってみると結構便利でしたので今回はこの SurfShark について使い勝手をレビューしていきます。

目次

そもそもVPNとは?

SurfShark は VPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)というサービスの提供者ですが、この「VPNって何?」という方もいらっしゃるかと思います。

詳細は NTTPCコミュニケーションズ 様のサイトにて説明がされていますが、非常に簡単に申し上げればVPNサービス提供者のサーバーを経由した通信を行うことで、あたかも専用の通信線を利用しているかのように見せる技術です。

VPN接続を利用することで、通信は暗号化され第三者がその内容を傍受することを出来なくさせるだけでなく、ご自身のIPアドレスを隠すことも出来るようになります。

VPN接続の主な用途

VPN接続は主に以下を目的として利用されます。

  • 通信のセキュリティを高めたい(公衆無線LAN利用時やリモート・テレワークなど)
  • 日本国外のオンデマンドサービスを利用したい(海外の配信サービス利用など)

SurfSharkの概要

SurfSharkは2018年設立のオランダにソフトウェア開発拠点を置く新興サイバーセキュリティ企業で、これまでにアプリのダウンロード数は1,240万回を超えています。

また、60か国以上に1,700以上のサーバーを提供しており、かつ接続台数無制限ということで、かなりユーザーフレンドリーと言えるでしょう。

公式曰く、「世界で3番目に人気のあるVPNブランド」とのことですが、Google検索などで「VPN おすすめ」のように検索をすると表示される「VPNおすすめ○選」のようなサイトにはよく表示されるサービスであることは確かです。

VPNサービスの比較表(SurfSharkより引用)

SurfSharkの利用方法

SurfSharkは30日間の返金保証をしていますので、ご自身のセキュリティ環境が気になる方はまずは利用してみて、使い勝手を試してみましょう。

登録

SurfSharkの登録方法についてご説明します。

  1. 上記のバナーをクリックし、Surfsharkを入手する をクリック
  2. サブスクリプションのプランを選択してレジへ進む
  3. Surfshark Oneのフルバンドルについては、セキュリティソフトを利用している方は基本的には機能が重複するかと思いますので、バンドルなしで続ける
  4. 支払方法はクレジットカードのほかPayPalやGoogle Pay、Amazon Payなども受け付けていますので、ご自身に合ったものを選択して購入を完了させてください。

サブスクリプションプランはご覧いただければわかるかとは思いますが、12か月プランと24か月プランでは約800円くらいしか差がありません(2022年12月13日時点)ので、長期利用を考えていらっしゃる方は迷わず24か月プランを選択しましょう。

アプリのダウンロード

SurfSharkのVPNサービスはアプリを通じて利用します。アプリはWindowsやmacOS以外にもAndroidやiOSなど様々なプラットフォームに対応をしていますので、SurfSharkのマイアカウント内やAppStoreなどでダウンロードとインストールをしましょう。

SurfSharkの使い勝手

ここからは実際の利用方法とスピードテスト行った結果についてご紹介をします。

VPNの有効化

Windowsの場合、インストールが完了してアプリを実行すると次のような画面が表示されますので、「最速のロケーション」などをクリックすれば自動的にVPNに接続されます。非常に簡単ですね。

ただし、この方法では毎回接続するサーバーが変わる可能性がありますので、IPアドレスを固定化させたいという目的をお持ちの方は 静的IP という項目をクリックしたうえで、ご希望するサーバーをクリックしましょう。

このとき、サーバー名の右側にある☆をクリックすることでお気に入り登録することができますので、固定IPにしたい方は忘れずにクリックしておきましょう。

通信速度

それでは、VPN接続のあり・なしの場合におけるスピードテストの結果をご紹介します。

USEN

一般的にはVPN接続をしたほうが通信速度は遅くなるはずなのですが、「最速のロケーション」でVPN接続をしたほうが2倍近い下りの速度が出ています。

VPN接続なし
VPN接続あり(最速のロケーション)

Fast.com

念のため、Fast.comでもスピードテストを行いましたが、こちらでもVPN接続ありのほうが通信速度が速い結果となっています。この結果はちょっと想定外です。

VPN接続なし
VPN接続あり(最速のロケーション)

まとめ

今回はSurfSharkという新興セキュリティ企業のVPNサービスについてご紹介をしました。

この記事を書くまでは、仮想サーバーに接続をする際にのみVPN接続を利用していましたが、スピードテストの結果の通り、「最速のロケーション」を選択した場合にはVPN接続をしたほうが速いというまさかの結果となり、これからは日常でもVPN接続を利用しようと思います。

通信セキュリティを確保でき、かつ通信速度の改善ができるかもしれない【SurfShark】、皆さんも是非ご利用をご検討してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次