Amazon ベーシックのモニターアームを使ってみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
flat screen monitor turned near MacBook Air turned on on white wooden table

こんにちは、ふじみやです。

テレワークをしている人が徐々に減ってきていますが、在宅と出社を組み合わせたハイブリッドな働き方をされていらっしゃる方や、完全在宅勤務をされていらっしゃる方もまだまだ多くいらっしゃることと思います。

そういった方は、会社支給のノートパソコンでずっと仕事をしていて「画面が小さくて見にくい。。」という思いをされ、外付のディスプレイを買ったはいいもののデスクの上がごちゃごちゃしてしまったという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、Amazon ベーシックのモニタースタンドを買ってみましたので、どんな感じになるかご紹介をしていきます。

目次

モニターアームとは

モニターアームは、ディスプレイを支えるための装置で、以下のような特徴を持っています。

作業スペースの最適化

モニターアームを使用することで、ディスプレイをデスク上で固定する必要がなくなります。これにより、デスク上のスペースが広く使えるようになります。

ポジションの自由度

モニターアームは、高さや角度、傾きなどの調整が自在です。これにより、ユーザーは自分に最適なディスプレイの位置を設定できます。正しいポジションで作業することで、首や肩の負担を軽減し、姿勢を改善することができます。また、ディスプレイを簡単に回転させたり、垂直に立てたりすることができます。これにより、縦長のコンテンツ(ウェブページやドキュメント)を表示する際に便利です。

ディスプレイの安定性

ディスプレイをモニターアームで支えることで、しっかりと固定された状態を保つことができます。デスクの振動や揺れによる画面のブレを軽減し、安定した表示環境を提供します。これにより、長時間の作業や細かな作業において、目の疲れを軽減することができます。

ケーブルの整理

ディスプレイをモニターアームに取り付けることで、ケーブルの整理が容易になります。ケーブルをアームに沿って通すことで、デスク上のケーブルが乱雑に絡まることを防ぎます。整理されたケーブル環境は、美しい作業スペースを実現し、作業効率を高めます。

モニターアームの組み立て

それでは、Amazon からモニターアームが届きましたので早速組み立てていきます。私は初めてモニターアームを利用しましたが大体 20 分くらいで組み立てることができました。

支柱の設置

まずはアームの支柱を設置します。私の場合には、デスクの一番端に設置しました(右側は壁にべた付け、後ろは壁から約 8cm くらい離しています。)。ちなみに設置はクランプ式ですので天板の下にある程度スペースがないと設置するのは難しいと思います。

ディスプレイの取り付け

VESA 規格のあるディスプレイに取り付けていきます。このときバネの関係上、アームは上部を向いていますので、取り付け方向が上下逆にならないように気をつけましょう。画像のように、文字がディスプレイの下側にくるようにしてください。

なお、ディスプレイの下に毛布を置くなど、パネルに傷がつかないように気を付けてくださいね。

ネジを回して調整

ディスプレイを取り付けたらネジを回して調整していきましょう。支柱のところとディスプレイを取り付ける部分のネジはすぐにわかるかと思いますが、アームの部分は少しわかりにくいと思います(画像の箇所です。)。

配線

支柱にアームを取り付けたら配線をしていきます(途中のため汚くてすみません。)。アームの中を通したり、付属している結束バンドを使って表側からケーブルが見えないようにしていきましょう。

なお、壁からディスプレイの位置までは大体 15cm くらいです。

モニターアームを利用した感想

組み立てが完了しましたので早速使ってみた感想を少し。

良かった点

  • ディスプレイの高さを簡単に変えることができるため、自身の目線に合った位置に調整が可能
  • スタンドがなくなったため、フリースペースが増えた
  • 地震がきてディスプレイが倒れたりする危険性がなくなった

当初想定とは異なった点

まあちょっと期待度が高すぎたため、という感じでしょうか。

  • デスクに対し水平に設置するのは結構大変(ちょっとずれたりします)
  • ディスプレイの角度について、下向きの可動域は狭い
  • ディスプレイを回転させるのはケーブルをキレイに収納しているのならほぼ無理

まとめ

今回は、Amazon ベーシックのモニターアームをご紹介しました。

私のデスクは奥行きが小さく、モニタースタンドを置くとディスプレイが近くなってしまったり、程よい高さに調整できなかったりと満足がなかなかできなかったのですが、このモニターアームを利用したことで、スタンドがない分奥の方にディスプレイを設置出来たほか、スペースの有効活用をすることができるようになりました。

とはいえ、モニターアームもそこそこのスペースを取りますので、本当に場所がない方にとっては使えないかもしれないなとも思います(デスクの幅は 110cm は欲しいところです。)。

既に色々なサイト様にてレビューがされている商品ですが、ご検討の一助となりましたら幸いです。

それではまた。

flat screen monitor turned near MacBook Air turned on on white wooden table

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次