【財務基礎知識】貸借対照表って何?

当ページのリンクには広告が含まれています。
office work, work, office

こんにちは、ふじみやです。

企業の財務状況を把握するための定点観測する資料である貸借対照表(Balance Sheet、B/S)は言葉では聞いたことがある方も多いかと思いますが、どういった項目が記載されているかご存知でしょうか?

今回は基本情報技術者試験でも出てきますし、会計の基礎知識でもある貸借対照表についてご説明します。

目次

貸借対照表とは

貸借対照表はある時点における企業の資産と負債の状況を示す計算書類で、上場企業であれば損益計算書や株主資本等異動計算書類とともに四半期毎に開示が必要なものあり、各社のホームページ(IR情報)やEDINETにて閲覧が可能です。

そのほか、ごくシンプルなものであれば官報に掲載されていたりもしますので、これを見てみても良いかもしれません。

官報決算データベースより引用

貸借対照表は上図のような表示(資本の部、負債及び資本の部)に分かれていますので、それぞれの意味や代表的な記載項目についてご説明をします。

資産の部

資産の部は、その名の通り企業の保有資産の状況を示すもので、日本会計基準であれば大きく流動資産と固定資産の2つに分けられます。

流動資産

貸借対照表の基準日より1年以内に現金化が可能な資産であったり、現金化がされるのが1年以上先であったとしても、通常の企業の営業循環のなかで発生した資産(売掛金や在庫等)を意味します。

代表的な項目としては次の通りです。

  • 現金及び現金同等物
  • 売掛金
  • 棚卸資産(商品、仕掛品)
  • 有価証券
  • 前払金
  • 未収入金 等
(参考)売掛金と未収入金の違い

取引相手からの入金を待っている状態をさすものとして売掛金と未収入金の2つが挙げられますが、これらは営業活動によるものであれば「売掛金」、そうでないものは「未収入金」というように使い分けられています。

固定資産

貸借対照表の作成基準日から現金化するのに1年以上を要する資産であったり、そもそも販売を目的にしない資産(土地や建物等)を意味します。

固定資産は、大きく「有形固定資産」、「無形固定資産」ならびに「投資その他の資産」に分けることが可能で、それぞれの代表的な項目としては以下の通りです。

有形固定資産

  • 土地
  • 建物・構築物
  • 車両運搬具
  • 工具器具備品
  • 機械装置 等

無形固定資産

  • のれん
  • 借地権
  • 商標権
  • ソフトウェア 等

投資その他の資産

  • 出資金
  • 投資有価証券
  • 差入保証金 等

負債の部

負債の部は企業の抱える負債の状況を示すもので、日本会計基準であれば流動負債と固定負債の2つに分けられます。

流動負債

貸借対照表の基準日より1年以内に支払期日が到来するものであったり、1年以内に使用される予定の引当金のほか、通常の企業の営業循環のなかで発生した負債(買掛金)を意味します。

代表的な項目としては次の通りです。

  • 買掛金
  • 短期借入金
  • 1年以内返済予定長期借入金
  • 未払金 等

固定負債

貸借対照表の作成基準日から1年以上先に支払期日が到来するものであったり、1年を超えて利用される引当金を意味し、代表的な項目としては以下の通りです。

  • 長期借入金
  • 社債
  • 退職給付引当金 等

純資産の部

資産の部(総資産)から負債の部(総負債)を差し引いた差分であり、代表的な項目としては以下の通りです。

  • 資本金
  • 資本剰余金
  • 利益剰余金
  • 自己株式 等

貸借対照表の使い方

ご説明の通り、貸借対照表はとある時点での企業の財務バランスを見るためのものですので、1時点のみを見てもあまり意味はなく、定点観測的に財務状況がどのように変化をしていったか、また同業他社と比べてどうか、という点を見る必要があります。

財務状況の変化としては流動比率等の経営指標を利用するという方法がありますが、長くなってしまいましたので、また別の記事にてご説明をしたいと思います。

また、ご自身で貸借対照表を作成する場合には、資産と負債+純資産が同じ大きさになる(=バランスする)ようになっていますので、もし同じ値にならなければどこでおかしくなっているかチェックをするようにしましょう。

それではまた。

office work, work, office

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次