【レビュー】ESET インターネットセキュリティ

当ページのリンクには広告が含まれています。
scan, computer, data

こんにちは、ふじみやです。

皆さんはWindowsのセキュリティ対策はどうしていますか?

Windows に標準搭載されている Windows Defender だけではマルウェアなどへの対策には不十分ではないかと考えている方もいらっしゃるのではないかと思います。

また、このブログをご覧いただいている方は、新しくセキュリティソフトを導入したい、もしくは利用中のソフトを他のものに乗り換えたいという思いをお持ちなのではないかと思います。

そういった方向けに、動作の軽さで評判の良い ESET インターネットセキュリティ についてご紹介をします。

目次

ESET 社とは

セキュリティソフトといえば、ノートン社やマカフィー社、トレンドマイクロ社といったところがよく聞く名前ではないかと思いますが、ESET 社というのはあまり耳慣れないのではないかと思います。

ESET 社の概要

ESET 社は、1992 年にスロバキアにて設立された老舗のセキュリティソフト制作会社で、全世界 200 以上の国・地域にて利用され、ユーザー数は 1億1千万人を超えています。

販売者

日本ではキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)社が販売代理店として ESET インターネットセキュリティ(以下「ESET」といいます。)になっています(ダウンロード版はキヤノンMJ社の正規代理店であるChatworks社が販売)。

ESET の特徴

ESET の特徴はなんといっても、動作の軽さとコスパの良さではないかと思います。

総合満足度 No.1

Chatwork株式会社より引用

ESET は PC に負荷をかけない軽快な動作が特徴で、ユーザーの満足度調査では高い評価を得ています。

高いコストパフォーマンス

マルウェアの検出性能も他の有名セキュリティソフトとも遜色ありませんが、他に比べて割安で導入することが可能です。なお、1年版だと他社ソフトと値段はそれほど変わらないみたいです。

セキュリティソフト価格(3年版)
ESET(1台) 6,600円
ノートン 360(1年1台) 4,780円
ウイルスバスター クラウド(3台)13,580円
カスペルスキー セキュリティ(1台) 9,147円

ESET の料金

ESET は販売元によって値段が異なってきます。公式サイト、キヤノンMJ、Chatworkのほか、Amazonでも価格をチェックしてみました(2023年3月8日時点、キャンペーン適用前価格)。なお、Amazon ではオンラインコード版の価格を参照しています。

1年1台1年3台1年5台3年1台3年3台3年5台
公式サイト4,950円6,160円7,480円6,600円8,250円9,900円
キヤノンMJ4,950円6,160円7,480円6,600円8,250円9,900円
Chatwork4,950円7,480円6,600円9,900円
Amazon4,500円6,800円6,000円7,800円

上記ではあまり違いが出ませんでしたが、公式サイトではたまにキャンペーンを展開していますので、お得に買いたいという方はキャンペーンとタイミングを合わせるようにしましょう。もしキャンペーンをどこもやっていないのであれば、Amazon で買うようにしましょうね。


ESET インターネット セキュリティ(最新)|1台3年|オンラインコード版|ウイルス対策|Win/Mac/Android対応

なお、ライセンスの有効期間は発行日より●年といったかたちのものですので、更新用にソフトを購入しなおす場合には旧ソフトの有効期限の残存期間が無駄になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

ライセンスの有効期限はいつから開始されますか? – よくある質問 (security-soft.com)

ESET の機能

一般的なマルウェア対策だけではなくフィッシング詐欺対策などの多様な機能を有しています(とはいえ、普段使いでそこまで意識することはないかと思いますが。。)

キヤノンMJより引用

実際に使用してみた感想

良い点

ESET の特徴でもある動作の軽さは特筆すべきだと思います。ESET を使用しだして数年経ちますが、PC 起動時に ESET の起動が遅いといったことやスキャンをしている際に PC が固まるといったこともなく、特段ストレスを感じたことはありません。

分かりにくい点

通常の利用では特段の不便を感じることはありませんが、ポートの開放をするためにファイアウォールの設定しようとした場合に、どこからどのように設定を変更すればいいのか分かりにくいと感じました。

Ubuntu ではファイアウォールの設定は ufw コマンドでできますし、AWS ならば Web コンソール画面で直感的にポート開放や IP の制限などが可能なことと比べると ESET での設定変更は学習コストをかける必要がありそうです。

とはいえ、デフォルト設定で利用をする程度であれば、困った経験はありません。

まとめ

ESET インターネットセキュリティは、自分で色々な設定をしようとするには少し分かりにくい部分もあるかもしれませんが、デフォルトのまま使用をするのであれば不足感はありません。

また、最大の特徴である 軽さ も PC 利用中にセキュリティソフトがスキャンなどしていて重く感じる、ということもありません。

セキュリティソフトのプロから見れば、他のソフトのほうが優れている点や ESET の至らない点などをあげることも可能なのかもしれませんが、一般ユーザーとしては何の不満もないというのが正直な感想です。

もし、セキュリティソフトをお探し中なのであれば、ESET を使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

scan, computer, data

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次