【財務基礎知識】キャッシュフロー計算書って何?

当ページのリンクには広告が含まれています。
business, plan, report

こんにちは、ふじみやです。

以前、貸借対照表や損益計算書についてご説明をしましたが、今回は企業のある期間における現金の動きを示すキャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement、C/F)についてご説明をします。

目次

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書はある特定の期間における企業のキャッシュの動きを示す計算書類で、上場企業であれば貸借対照表や損益計算書とともに四半期毎に開示が必要なものあり、各社のホームページ(IR情報)やEDINETにて閲覧が可能です。

記載内容としては、上記の通り、①営業活動によるキャッシュフロー(営業キャッシュフロー、営業CF)、②投資活動によるキャッシュフロー(投資キャッシュフロー、投資CF)及び③財務活動によるキャッシュフロー(財務キャッシュフロー、財務CF)の3種類に分かれています。

以下では、それぞれの意味や代表的な記載項目についてご説明をします。

営業活動によるキャッシュフロー

営業キャッシュフローとは、主に企業の営業活動(商品等の仕入や販売、人件費やその他経費等の支出)による現預金の変動額を示したものです。

直接的に営業活動とはかかわりがなくとも、法人税等の税金の支払についても営業キャッシュフローに記載されます。また、上図では利息の支払や受取は営業キャッシュフローに記載をしていますが、財務キャッシュフローに記載をする方法もあるようですので、そういったこともある、ぐらいに認識をしておいていただければと思います。

なお、営業キャッシュフローの記載方法には 間接法直接法 があり、両者の違いは以下の通りです。

間接法

上図に記載の通り、最初は税引前当期純利益から始まり、そこからキャッシュの変動のない損益項目(減価償却や現存損失等)を足し引きしていく方法により、営業キャッシュフローを算出する方法です。

直接法に比べると作成の手間が少ないことから採用している企業も多く、有価証券報告書等ではこちらの記載方法のほうがよく見られるのではないかと思います。

直接法

直接法は、取引それぞれについて現金収入と支出を総額で表示するものです(例:売上金の回収による収入○億円、仕入による支出○億円)。したがって、何にどれだけの資金が使われ、また回収されているのかが分かりやすいというメリットがありますが、一方でご想像の通り作成が非常に手間ですので負担が大きいというのが難点です。

投資活動によるキャッシュフロー

投資キャッシュフローとは設備投資や長期保有目的の株式取得などの支出と、保有土地の売却などの収入をあらわしています。

投資キャッシュフローが赤字ということは設備投資や企業買収などを積極的にしているという解釈ができますし、他方で黒字の場合には保有する固定資産の売却などの構造改革をしているのではないかと解釈をすることもできます。

営業キャッシュフローと投資キャッシュフローを足し合わせたものを フリーキャッシュフロー と呼ぶこともあります。

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは主に株式発行や借入による資金の獲得や、自己株式の取得や借入返済による支出をあらわします。配当金の支払についてもこの項目に記載されます。

この項目がプラスの場合には資金調達を行ったことを意味し、マイナスの場合には借入返済や株主への還元を行ったとみなすことができます。

キャッシュフロー計算書の使い方

キャッシュフロー計算書は、各項目を単体で見るというよりは全体のバランスがどうなっているかを見ます。

上図の各ケースは一時的な場合もありますので、単純にプラスやマイナスを見るだけではなく、その金額の大きさや過去数年との比較したり、上場企業であれば決算説明資料や中期経営計画などもみたりして企業のおかれている状況や採用している戦略を見ていくようにしましょう。

それではまた。

business, plan, report

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次