【実機レビュー】Amazon Echo Buds(第2世代)

当ページのリンクには広告が含まれています。
open book, journal, books

こんにちは、ふじみやです。

皆さんはスマホやタブレット、PCなど様々な電子機器を利用していることと思いますが、イヤホンは利用していますか?

私は以前ご紹介をしたこともある Jabra Elite 7 Pro をスマホ(私用と仕事用)に接続してメインで利用していますが、タブレット(Fire HD 8 Plus)でもイヤホンを利用したいことがあり、サブで使えるワイヤレスイヤホンを探していました。

そんなところに、Amazon のプライムデーで「これだ!」となって購入したワイヤレスイヤホン「Echo Buds(第2世代)」を今回はご紹介します。

目次

Echo Buds(エコーバッズ)とは

Echo Buds とは、Amazon が販売するノイズキャンセリング機能付の完全ワイヤレスイヤホンです。

色は「グレーシャーホワイト」と「ブラック」があり、ワイヤレス充電非対応ケースのものは 12,980円(2023年のプライムデーでは5,980円)、ワイヤレス充電対応ケースのものは 14,980円(同6,980円)となっています。

【特徴1】アクティブノイズキャンセリング

屋外で電話をしていると電車の音などの周囲の音が邪魔で相手の声が聞こえない、音楽を聴いていても聞こえないという経験はありませんか?

そういった場合に、ノイズキャンセリング機能を利用することで周囲の騒音が軽減され、音楽や音声がよりクリアに聞くことが出来るようになります。

また、歩道がない道路などを歩く場合には車の音に気が付かなくなりますので利用をしたくないという方には、「アンビエントサウンドモード」という外音取り込み機能がありますので、こちらを利用することで安全面にも気を付けることができるようになります。

【特徴2】Alexa搭載

Alexa を搭載しているため、耳に装着をしていればスマホ等に触ることなく Alexa に話しかけるだけで聴きたい音楽をかけてくれたり、スマートホーム機器の操作をしてくれます。

【特徴3】長時間の稼働

1回の充電で最大5時間、充電ケースを使えば最大15時間の音楽再生が可能です。

また、15分の充電だけでも最大2時間音楽を再生することができますので、充電を忘れた場合や充電がなくなってしまった場合でも大きなストレスを抱えることはないでしょう。

【特徴4】コンパクト

サイズ的には一般的なワイヤレスイヤホンですが、イヤーチップが4種類とより耳にフィットさせるためのウイングチップが2種類付属しており、より高いフィット感が得られるように工夫されています。

なお、IPX4等級の耐汗仕様ですので、ジョギングなどの運動時にも利用可能です。

良かった点・期待通りではなかった点

本体はさわるとプラスチック感が強い

ここからは実際に私が使用して感じたことを挙げさせていただきます。

思ったより良かった点

音質やノイズキャンセリング機能がそんなに悪くない

私がメインで利用している Jabra Elite 7 Pro に比べればやはり性能は劣ると言わざるを得ないと思いますし、定価で購入したのであれば「もうちょっと」という評価にせざるを得なかったと思います。

しかしながら、私はプライムデーで 7,000円程度で購入することができましたので、この値段だったら十分納得できる性能です。

耳へのフィット感

特徴にも記載をしましたが、イヤーチップのサイズが4つあったため、チップ毎のフィット感を細かく調整することができ、歩いていてもイヤホンが落ちそうになったりしないフィット感を得ることが出来ました。

また、耳に少しねじりながら押し込むように装着をするため、かなりしっかりと装着をすることができます。

マルチポイント対応

これは全く期待していなかったので、2つのデバイスに接続できると知ったときは本当に驚きました。

タブレットとスマホに同時に接続をしておくことで、イヤホンの接続先を切り替えることなく利用しているデバイスでビデオの音声や音楽再生が出来るというのは非常に便利です。

一度経験をされたらマルチポイント非対応のイヤホンには戻れないと思います。

すぐにつながる

Bluetooth イヤホンではデバイスと接続しようとしても全然つながらない、ということが起きがちです(私のメイン機ではよく左耳が接続されないことがあります。)。

ですが、Echo Buds では、駅構内や電車内などの人が多い場所でもこれまで片方しか接続できなかったとか全然つながらないということはなく、これは期待以上でした。

期待通りではなかった点

アンビエントサウンドモードでのホワイトノイズ

「アンビエントサウンド (環境音) モードに切り替えれば、周囲の音をイヤホンを通して聴くことができる」というモードですがホワイトノイズが気になります。

屋外で利用する分には問題ないレベルかと思いますが、オフィス内などで利用をしている際に気になってしまったので、「期待通りではない」と評価をさせていただきます。

音楽再生中に装着しなおすと再生停止してしまう

他のワイヤレスイヤホンと同様に Echo Buds もイヤホンのヘッド部分をタップすることで再生中の音楽の一時停止等ができます。

Echo Buds はヘッド部分が押し込むようなかたちではないため、イヤホンを装着しなおそうとヘッド部分に触れると「タップした」と判断されてしまうことがあります。

音楽再生中にこれで一時停止してしまうのはほんのちょっとですがストレスを感じてしまったので、「期待通りではない」と評価をさせていただきます。

まとめ

個人的な感想としては、マルチポイント対応かつ音質もそこそこいいですし長時間の利用も可能ですので、 Echo Buds は非常に優秀なサブ機と言えると思います。これがプライムデー級のセール価格なら間違いなく「買い」です。

とはいえ、定価で購入するかといったら、微妙にかゆいところに手が届かない性能や本体のプラスチッキーな印象もあってそれほどオススメは出来ません。最初のペアリングに Alexa アプリが必須というのもちょっと面倒ですし。

やはりメインに使うとすれば Jabra Elite 7 Pro といった有名メーカーのものが外れはないですね。

以上、Echo Buds のご購入をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

それではまた。

open book, journal, books

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次